【口座開設方法】Bitbankの使い方

今回はBitbankの口座開設方法を解説していきます。

 

メールアドレスの登録・認証

「無料口座開設」をクリックします。「メールアドレス」を入力して、「登録」をクリックします。法人名義で登録をしたい場合は、手順が異なりますので、「法人登録はこちら」をクリックして、手順を確認してください。

ビットバンク口座開設_01

ビットバンクから、以下のようなメールが届きますので、リンクをクリックします。

ビットバンク口座開設_02

パスワードの設定

「パスワード」を入力して、「各種規約への同意」にチェックをいれて、「登録」をクリックします。

ビットバンク口座開設_03

基本情報の登録

メールアドレスとパスワードの登録が完了すると、基本情報を入力する画面に遷移します。基本情報の入力と本人確認が済んでいない場合、日本円の入出金や仮想通貨の売買ができないため、続けてやっておきましょう。

まずは個人情報の入力をします。「氏名」、「フリガナ」、「生年月日」、「住所」を入力して、「次に進む」をクリックします。

ビットバンク口座開設_04

続けて、「取引の目的」、「職業」を入力、「外国の重要な公人に該当するか」を選択して、「確認」をクリックします。外国の重要な公人とは、外国人PEPsとも呼ばれており、日本で言う総理大臣や日銀の役員、最高裁判官など、政府や中央銀行での重要人物とその家族のことです。

ほとんどの人が該当することはないと思いますが、念のため確認しておきましょう。

ビットバンク口座開設_05

入力した情報の確認画面に遷移しますので、内容に間違いがなければ、「登録」をクリックしましょう。

本人確認

基本情報の登録の後は、本人確認書類の提出を行います。

「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックします。

ビットバンク口座開設_06

bitbank.ccでは、以下の4種類の書類を本人確認書類として認めています。他の取引所では認められている健康保険証などが認められていませんので、注意してください。

  • 運転免許証
  • 在留カード
  • 住民台帳基本カード
  • パスポート

アップロードする「本人確認書類の種類」を選択して、免許証の見本をクリックして、撮影した本人確認書類の画像を選択します。問題なく選択できていることを確認して、「アップロードする」をクリックします。

ビットバンク口座開設_07

以下のような画面が表示されれば問題なく、登録ができています。本人確認書類をアップロードすると、ビットバンク側で審査が行われ、審査に通過した場合は、簡易書留で確認書類が届きます。

この確認書類の受け取りをして、全ての手続きが完了したことになります。

ビットバンクトレード口座開設_11