【口座開設方法】CoinCheckの使い方

コインチェックのアカウント登録

アカウントの登録には、メールアドレスとパスワードの入力が必要です。またfacebookアカウントを持っている人の場合、10秒で簡単登録ができますので、そちらがおすすめです。

コインチェック口座開設_PC_01

ご希望の「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「登録」をクリックします。コインチェックから下の画像のようなメールが届きます。メール下部にあるURLをクリックすれば、メールアドレスの認証が完了します。

コインチェック口座登録_PC_09

コインチェック(Coincheck)の本人確認方法

アカウントの登録が完了しても、本人確認書類の提出が済んでいない場合、日本円の入金や仮想通貨の売買といったコインチェックの大部分の機能を使用することが出来ない、もしくは大幅に制限がされている状態です。そのため、アカウント開設直後に本人確認も同時に行ってしまうことをおすすめします。

本人確認書類が行うためには、コインチェックにログインして、サイト上部にある「ウォレット」をクリックします。ウォレットのページに移動すると、「本人確認書類を提出する」というボタンがありますので、そちらをクリックします。

コインチェック口座開設_PC_04

電話番号認証

電話番号認証をする画面に移動しますので、自分の電話番号を入力して、「SMSを送信する」というボタンをクリックします。入力した電話番号に、SMS(ショートメッセージ)が届くため、ショートメッセージに書かれた6桁の番号を入力します。

コインチェック口座開設_PC_05

下の画像のように、「電話番号認証済み」と表示されていれば、問題ありません。

コインチェック口座登録_PC_06

本人確認

「ウォレット」の上部にある、「本人確認」をクリックします。各種重要事項への同意が求められるため、各書類に目を通して、以下の4つにチェックをつけます。

  • 取引説明書
  • 利用規約
  • Payment利用規約
  • 加盟店規約

 

コインチェック口座登録_PC_08
各種重要事項に承諾済みにチェックがついていることを確認して、「本人確認書類を提出する」をクリックします。

コインチェック口座開設_PC_09

個人情報の入力

下の画像ような個人情報を入力する画面に遷移しますので、次のような個人情報を入力します。

  • 種別(登録者が個人か法人か)
  • 氏名
  • カナ氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 居住国
  • 郵便番号
  • 住所
  • 職業
  • 利用目的(投資・ウォレットとして使用)

 

コインチェック口座開設_PC_10

 

ここで注意しなければならないのが、入力する自宅住所と後ほど写真提出を求められる、後ほど提出する本人確認書類(免許証など)の住所が一致していなければならないということです。

そのため、本人確認書類の住所が引っ越し前の住所になっている人は、書類の住所変更を行ってから登録する必要があります。

 

本人確認書類の提出

コインチェックでは、本人確認書類の表面と裏面を撮影した写真に加えて、自身と本人確認書類が一緒に映った写真も提出する必要があります。

そのため、以下の3種類の写真を撮影しておく必要があります。

  • 本人確認書類と自分が映ったもの
  • 本人確認書類の表面
  • 本人確認書類の裏面

「ファイルを選択する」をクリックして、撮影しておいた本人確認書類のファイルをそれぞれ選択します。

コインチェック口座開設_PC_11

また、コインチェックでは、以下の書類を本人確認書類として認めていますので、以下のいずれかの書類を撮影するようにしましょう。

 

パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
在留カード(裏面もご提出ください)
特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
運転免許証(裏面もご提出ください)
運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
住民基本台帳カード
マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

 

ハガキの受け取り

本人確認書類の提出が完了し、コインチェック側によって承認されると、登録した住所にコインチェックからハガキが届きます。

本人確認のためのハガキは、簡易書留で郵送されてきますので、不在の場合、ポストや宅配ボックスにいれておいてもらうことができません。

自宅にいなかった場合はポストに「不在表」が入っています。日にちと時間帯を指定して、再度郵送してもらうことができますので、確実に受け取れる時間帯に届けてもらうようにしましょう。