【入出金 / 売買方法】Zaifの使い方

今回はZaifの入金・送金方法、売買方法などについて解説します。

Zaif(ザイフ)の入金方法概要

・銀行振込
銀行振り込みは一番スタンダードな入金方法です。手数料は、銀行振り込みの際に掛かる手数料として発生しますが、基本的に500円前後です。反映時間に関しては、銀行の営業時間であれば、銀行側の振り込み処理が行われば、即座に入金処理が行われ、10分程度で反映される仕組みとなっています。

・コンビニ入金
コンビニ入金方法は現金のみで、クレジットカードなどで支払うことは出来ませんので、現金を用意する必要があります。手数料は、振り込む金額によって多少変動しますが、486円~594円が発生します。反映時間は、コンビニで支払いが終わったタイミングで即時反映されます。ペイジー入金

・ペイジー入金
ペイジー入金は500円以上から、999,400円まで入金可能な入金方法です。
手数料はコンビニ入金と同じで、振り込む金額によって多少変動しますが、486円~594円が手数料として発生します。
ペイジー入金の注意点としては、ペイジー決済で入金した日本円には、一週間の出金制限がかかります。例えば、50万円をペイジー入金した場合は、50万円相当の仮想通貨や日本円は一週間ほど出金する事ができません。

 

Zaif(ザイフ)の入金方法・やり方

銀行振込による決済入金のやり方

銀行振込による入金は、一番スタンダードな方法で、Zaif指定の銀行口座に日本円を入金する方法です。

「銀行振込による入金方法」を実際の画像をもとに説明していきましょう。

 

自分のアカウントにログインしましょう。ログインできたら、右上のメニューから「アカウント」をクリックし、「¥入出金と履歴」を選択しましょう。そうすると、下記の画面が表示されます。この画面が入金方法の選択画面です。

 

Zaif入金画面

この画面上で、入金方法を「銀行振込による入金」を選択します。そうすると「入金金額」を入力するスペースが表示されるので、入金したい金額を入力しましょう。入力が終わったら入金開始ボタンを押します。

 

Zaif入金画面2

そうするとページが切り替わり、青い背景の部分に「振込方法の指示」が表示されて、緑色背景の部分に「振込先」が表示されます。

 

振込方法としては、「振り込み名義書式」と振り込み名義の後に付ける「ユーザーを識別するための数値」が表示されるので、振り込み名義をメモしましょう。※上記例でいうと、ザイフ タロウ 12345

そして、振込先情報の記載があるので、こちらをメモして、ATMやネットバンクで入金の手続きを行います。

※PCでやっている方は上記の画面をスマホで写真をとることをオススメします。

 

※銀行振込の場合、入金は15:00過ぎると翌日入金になり「いま買いたい!」という時にチャンスを逃すことになるので、「今はまだ買わなくてもいい」と思っていても入金まですることを本サイトではオススメしています。

コンビニ入金のやり方

コンビニ入金画面1

まずは、コンビニ決済入金タブをクリックすると、入金額の入力スペースが表示されます。コンビニ入金は上限が299,400円となっているので注意しましょう。

コンビニ入金画面2

入金額の入力したら「コンビニ決済による入金手続きを開始する」ボタンをクリックしましょう。

そうすると次のページで登録情報が表示されます。間違いがなければ、「手続きを続行する」をクリックしましょう。

コンビニ入金画面3

この後は、入金するコンビニを選択しましょう。

コンビニ入金画面4

ここまでできれば、表示されている案内に従って、受け付け番号をメモまたはスマホで写真をとり、コンビニに行って、決済を行いましょう。コンビニ決済は支払いが終わったタイミングですぐアカウントに日本円が反映されます。

ペイジー入金やり方

Ziafのペイジー入金画面1

ペイジー入金は最初の方のステップはコンビニ入金と同じ方法です。

まずは、ペイジー入金タブを選択しましょう。そしたら画面に入金金額を入力するスペースがあるので、入金したい金額を入力し、「ペイジーによる入金手続きを開始する」をクリックしましょう。

Ziafのペイジー入金画面2

次の画面では、登録情報が表示されるので、内容を確認し間違いがなければ「手続きを実行する」をクリックしましょう。次の画面が表示されるので、表示内容を確認して、メモまたは、スマホで写真を取りましょう。そしてこの情報をもとに、ATMやネットバンクでペイジー決済を行います。

 

Ziafのペイジー入金画面3

 

Zaif(ザイフ)の送金方法

Zaif(ザイフ)のアカウントにログインして、右上のメニューから「アカウント」を選択します。そのあと、「入出金と履歴」を選択して、「出金」を選択しましょう。下記の画面が表示されます。

Zaifの出金コインの選択画面

この画面で下記の仮想通貨のアイコンから送金するコインを選択します。例として、ビットコインを選択してみます。仮想通貨を選択すると、下記の画面が表示されます。※日本円を選択すると出金する口座情報を入力する画面が表示されます。

 

Zaifの送金画面

ここからは、4つの入力欄を入力していきましょう。

まずは「出金アドレス」を入力しましょう。この「出金アドレス」は、暗号通貨を送金するアドレスになります。

 

2つ目に出金額を入力します。BTCでいうと、ビットコインを何枚送金するのかを入力します。

 

3つ目は出金手数料(送金手数料)の入力です。

この手数料は、ビットコインネットワーク上で送金処理が行われる優先度に関係し、送金スピードの速さに関係します。詳しくは、後述で説明します。

 

最後に、二段階認証を設定している場合は、二段階認証のトークンを入力し、出金ボタンをクリックしましょう。

 

Zaif(ザイフ)の受信方法

Zaifの送金受け取り画面

「入出金」の画面で、「入金」を選択肢、日本円以外の仮想通貨を選択すると、自分の受け取るアドレスが表示される画面に遷移します。受け取りたいコインを選択しましょう。ここではBTCを例にして進めていきます。

Zaifの送金受け取り画面2

そうすると、BTC入金アドレスとQRコードが表示されます。この入金アドレスをコピペして共有することで、仮想通貨を受け取ることが出来ます。また、QRコードも同様で、こちらをQRリーダーでスキャンすると、入金アドレスを表示することが出来ます。

Zaif(ザイフ)の売買方法

Zaifトップページを開き「取引所」をクリックします。


すると取引画面が表示されます。


まずは画面左上から通貨ペアを選択しましょう。どの通貨とどの通貨の売買を行うかの選択です。例えば日本円でビットコインを買う場合は、「BTC/JPY」を選択します。


次はこの部分を見ましょう。仮想通貨を買いたい場合は、「現物買い」が選択されていることをまず確認します。

Zaifには、「指値注文」と「成行注文」の選択ができます。今回は成行での注文のほうがしやすいかと思います。

成行注文で取引する場合は、まず取引フォームを見て「成行」が選択されているかを確認します。

成行注文で入力するのは「買いたい量(売りたい量)」のみです。とてもシンプルですね。


例えば「買いたい量」の部分に「0.0001」と入力してみると、「1BTCの価格」の欄に自動的に数字が表示されました。この数字は、その時点での売り板の気配値の中で最も安い価格です。下の画像を見るとわかると思います。

そして「買い注文」をクリックします。これで注文の完了です。※この時点では注文が完了しただけで、取引が完了したわけではありません。


しばらくすると注文が確定し、取引が完了します。また、画面上部の「取引履歴」をクリックすることで取引履歴の詳細を確認できます。

これで注文は完了です。
ビットコインを売却する場合は、逆の操作をおこなってください。